/MAꞬƏˈZIːN/: Finland, a little giant of pattern design

Finland, a little giant of pattern design

From the dawn of industrialized weaving to the demands of the contemporary chic, the inspiring surroundings in Finland have surrounded people everywhere in the form of pattern design.

Taimi (1961) from Finlayson
Taimi (1961) from Finlayson

Cotton kick off of the 19th century

According to Opetin magazine’s interview of Mailis Linnola from Finlayson – a textile design company known for patterns such as Coronna (1958), Taimi (1961), Optinen Omena (1973) and Aalto (1977) – Finnish textile design is getting popular globally, and people are willing to relocate to Finland for employment in the industry, as she receives job applications for open positions from all over Europe.

This is not the first time for Finlayson to attract talent from abroad since the company itself – contrary to what one might think, judging by the name at least – was established by a Scottish engineer James Finlayson in 1820, just fifty years after the spinning jenny was introduced by an Englishman James Hargreaves and the industrialization of weaving was kicked into high gear.

Following suit, cotton manufacturing Finlayson became the biggest factory in Finland in 1840s and the biggest among the Nordic countries soon after, remaining that way for the following 70 years all the way to the end of the First World War. So great was its importance to the country and its economy that the Finlayson factory in Tampere has even been attributed to having housed the very first set of electric lights in the Nordic.

Coronna (1958) from Finlayson
Coronna (1958) from Finlayson

Post-war era brought fame

More acknowledged outside Finland with its 159 stores world wide in the present day is Marimekko (est. 1951).

Known for its large patterns, the company rose to fame when Jacqueline Kennedy, the wife of US president John F. Kennedy wore Marimekko – not just one, but eight dresses altogether – in public during the presidential election campaign after being scrutinized over her pricey taste in fashion. Affordable Finnish cotton designs became a topic in the US thereafter and many doors were opened.

Marimekko became a concrete symbol for certain kind of social rebelliousness.

Cindy Babski wrote in the New York Times that “people of a certain generation — those who came of age in the 1960’s — they [Marimekko] represented more than just a brand name: they conjured up an image and an era”.

If only one pattern were to be selected as the all-time definite Finnish household icon, it would most likely be Unikko (poppy) from Marimekko introduced in 1964 by designer Maija Isola. After more than fifty years, albeit with some changes to the pattern, Unikko is still a persistent eye-catcher, whether on curtains or cups: it has become the de facto pattern of the Finns – like it or not.

Other well known Marimekko patterns include Kaivo, Joonas and Lokki which most are, though designs of the 50s or 60s, still present in the pattern scene, these days maybe more than ever.

Unikko (1964) from Marimekko
Unikko or poppy (1964) from Marimekko

New generation regaining success after 2010

Another Finnish company with a long history dating back to the dawn of modernism is Nanso (est. 1921) which is known for its night wear collections – also among the lad clientele for its Black Horse boxer shorts brand. Finns seem to have an appreciation for such everyday clothing items which do the hard work, having voted in a survey in 2017 Nanso as the most prestigious clothing brand in Finland.

Emphasizing patterns – like Paulakukka, for example – as the core of their brand and having a demand for over 60 new designs each year, Nanso head designer Noora Niinikoski gives credit in Fab magazine to a productive freelance designer Reeta Ek for her fresh, clear and contemporary style.

In 2017, Ek won the Young designer of the year award which was awarded for the 17th time by the Design Forum Finland. According to the jury, Ek’s fresh, timeless and personal works have enabled classic brands such as Nanso and Marimekko to regain their respective commercial success.

There is plenty of regaining to be done since the 2009 economic hardships hit the export reliant country of Finland severely, causing devaluing in big companies such as Nokia mobile phones.

As for Ek herself, after being charmed by the rococo era and the designs in old wallpapers, she feels that she has returned home to the childhood minimalism. She believes it takes courage to design simple.

Ek’s designs include Lukko, Britta, Kampa, Pino, Pilkahdus, Sumppu and Raesokeri.

Pilkahdus from Nanso
Pilkahdus from Nanso

Niinikoski finds in Ek’s works the kind of imperfection within the harmony which makes the design interesting. She talks about Northern aesthetics.

These days the Northern aesthetics can be unraveled also to designers who are not born in the country of the northern lights and the midnight sun – like James Finlayson back in the day – as there exist education programs for design and textile related fields in Finnish institutions such as Metropolia University of Applied Science and – as in Ek’s case – Aalto University’s School of Arts.

Markku Väisänen

パターンデザインの小さな巨人 フィンランド

工業紡績の発展からモダンシックが求められる現代まで、フィンランドでは常にパターンデザインが人々の生活に寄り添い、時代ごとの景色を生み出してきた。

19世紀 綿の興盛

フィンレイソン、マイリス・リンノラへのインタビュー(オペティン誌)によると、パターンデザインで名を馳せたテキスタイル企業はコロンナ(1958年)に始まり、タイミ(1961年)、オプティネン・オメナ(1973年)、アアルト(1977年)まで数多く存在する。フィンランドのテキスタイルデザインは世界的にも評価を高め、この業界で働く人々は就業のためフィンランドへの移住さえも厭わなくなってきている。その証拠にフィンレイソンへはヨーロッパ中からの履歴書送付が後を絶たない。

フィンレイソンが海外の才能を惹きつけるのは今に始まった事ではない。意外に思われることも多いが、その名が表す通りにこの企業は1820年にスコットランド人エンジニア、ジェームズ・フィンレイソンによって設立された。当時はまさに紡績工業が興盛を極めた時代、イギリス人発明家ジェームズ・ハーグリーブスによってジェニー紡績機がこの世に生み出されてからたった50年後のことだった。

先人に続き、フィンレイソンは綿紡績業で 1840年代までに国内最大の生産規模を達成、直後には北欧最大規模にまで拡大した。その勢いは第一次世界大戦終焉まで70年余りも続くことになる。フィンレイソンの存在が国と経済に与えた恩恵はとてつもなく大きい。タンペレのフィンレイソン工場において北欧初となる電気照明が導入されたことからも社会発展への貢献が垣間見える。

戦後の名声

フィンランド国外での認知度の高さを言えば、世界159店舗展開を誇るマリメッコ(1951年設立)の右に出る存在はないだろう。

大胆な柄で知られるこの企業は、アメリカ合衆国ジョン・F・ケネディ 大統領の妻ジャクリーン・ケネディ夫人がその洋服を着用したことで一気に世界的知名度を上げた。高価なファッションで世間の注目を集めていたケネディ夫人は、1着にとどまらず8着ものマリメッコの洋服を身に纏い、大統領選挙期間中に公衆の前に登場した。手が届く価格帯のフィンランドのコットンデザインはアメリカ中で話題となり、マリメッコにとっての新たな活路が次々と開いていった。

マリメッコはある種の社会的メッセージを含むシンボルとなっていく。

シンディ・バブスキはニューヨークタイムズ紙にこう語っている。「1960年代を生きた人々にとって、マリメッコは単なるブランド以上のものを意味する。マリメッコは時代そのものを映し出す存在なのだ。」

もしも全時代を通じてフィンランドの家庭を代表する柄を一つ選ぶとすると、1964年にマイヤ・イソラの手でマリメッコから発表されたウニッコ(ポピーの意)になるだろう。50年が経った現在も、ウニッコは柄に多少の変化が加えながら常に人々の注目を集めている。カーテンからマグカップまで、好むと好まざるとに関わらず、この柄は事実上フィンランドの人々を象徴する存在になっている。

その他マリメッコの有名な柄といえば、カイヴォ、ヨーナス、ロッキなどがある。これらのほとんどが50年代、60年代の作品でありながら、現在もかつての勢いを超えるほどにパターンデザインの世界で現役の存在感を放っている。

2010年以降 再びの成功を勝ち取りつつある新世代

モダニズムの発祥にまで遡る歴史を誇るフィンランドの企業がもう一社ある。ナイトウェアや若者向けボクサーショーツレーベル、ブラック・ホースで知られるナンソ(1921年設立)である。丈夫な日常着に信頼を寄せるフィンランド人の価値観に寄り添った結果、ナンソは2017年の調査にて名声ある服飾ブランドの国内投票トップという実績を残している。

パウラクッカに代表されるようなブランドの核としての柄を確立しつつ、毎年60を超える新作を発表するナンソの支えとして、ヘッドデザイナーのノーラ・ニーニコスキはファブ誌にてフリーランスデザイナー、レータ・エクに対し、その新鮮でクリアな現代的スタイルに賞賛の言葉を贈っている。

2017年にデザイン・フォーラム・フィンランドが実施した第17回ヤング・デザイナー・オブ・ザ・イヤー選考にて、エクは見事に受賞を果たしている。審査員はナンソやマリメッコなど既存のブランドに新たな息を吹きこんだエクのデザインを高く評価した。彼女の新鮮でタイムレス、パーソナルなパターンデザインは主要ブランドが近年達成している経済的な返り咲きに一役も二役も買ったと評されている。

ノキアの携帯電話事業没落に象徴されるように、2009年の経済不況では輸出依存型のフィンランド経済が大きな打撃を受けた。これ以降、あらゆる企業で様々な返り咲きが求められている。

デザイナーのエク自身、ロココ調や古い壁紙の柄に心を奪われる時期を経て再び幼少期に馴染んだミニマリズムへ再帰の方向にあることを自覚している。シンプルな柄を描くことは勇気の要ることだとエクは言う。

ルッコやブリッタ、カンパ、ピノ、ピルカフドゥス、スンップ、ラエソケリなど、数多くのパターンデザインがエクの手から生み出されてきた。

ニーニコスキは、エクのパターンデザインに見え隠れするある種の不完全さを指摘する。調和の中に見えるこの不完全さこそが、デザイン全体に面白さを加えている。北欧の審美感覚について彼女はこう続ける。

現代において北欧の審美感覚は必ずしも北欧生まれのデザイナーのものではなくなっている。かつてのジェームズ・フィンレイソンのように、オーロラや白夜の光を体験したことのない人々にもその感覚は受け継がれていく。フィンランドの各機関ではデザインやテキスタイル分野での新しい才能に対して開かれた教育プログラムが実施されている。メトロポリア応用科学大学や、エクの場合ではアアルト大学アートスクールがその好例だ。

Markku Väisänen